マイクロバイオーム(メモ)

マイクロバイオーム


私たちの体に在中する微生物の総称。


腸内をはじめ、

口腔内、皮膚、粘膜、あらゆるところにある微生物。


これをエネルギーでみていくクリスティー先生のクラスがとても面白かったー。

Wellness Alchemy 直感医療

『ファミリービーイング、ご先祖ビーイング、そしてあなたのDNA』

https://fb.me/e/2kTjJE5KI


今回はDNAに関するクラスでしたが、

その中で印象的だった、マイクロバイオームのDNA。


マイクロバイオームについて

学問的なことはここでは私からはお伝えできませんが、

興味ある方は調べてみてください。


以下、エナジーワークでマイクロバイオームをみた

かなりマニアックな内容なのですみません。


私の理解している範囲と、

今までの経験のメモです。



 


マイクロバイオームを

エネルギーレベルでみて、

そしてエナジーワークしてて感じたこと。

それは


"私は沢山の存在に支えられて生きてる


そしてマイクロバイオームは

コミュニケーションすることで活性する”


ということです。


エナジーワークで

マイクロバイオームをリーディングし、

そのエネルギーワークをしてると、

生き生きと活性しはじめました。


マイクロバイオームたちが

「気づいてくれるの待ってましたー!」

という感じ。

それをみてたらこちらも喜びが溢れてくる。

その感覚の一致感に

常に一緒にいたことを実感。


と同時に、

その潜在能力 というか、

それが持っているパワーを

信頼し切れていないこと、

それによって、

本来の力を出し切れていなかったり、

影に隠れてしまっていることにも

気づきました。


それは自分自身に対する信頼とも

直結してるということも。


本来、マイクロバイオームは

とても生き生きと自由な波動。


一方で外的な要因

(抗生物質、大気汚染、添加物など)

で弱る部分と、

エネルギー的にみて気持ちの面で

共鳴する部分が

大きく関連してることもわかりました。


発酵食品はマイクロバイオームにとって大きな助けになる様なので

引き続き積極的にとっていきたいな。

(久しぶりにミキつくろうー)


しばらくこのマイクロバイオームとの

コミュニケーションを続けてみようと思います。


その存在を認め、信頼していく。


今では沢山の研究結果もあり、

存在や役割が医学的にも認められています。


ないものとしてではなく、

あるものとして付き合った時、

どんな変化が起こるかを

観察していきたいと思います。